苦手を克服

家庭教師と一緒に中学受験の勉強をしていくのには大きな意味があります。実際に、中学受験を目指す家庭には、進学塾に通うのと合わせて、家庭教師を雇っているという事が多いです。一見すると、受験対策を徹底的に行う進学塾の勉強だけでも十分に思えるかもしれません。確かに勉強の内容、カリキュラムそのものは受験対策として十分と言えるほどの内容かもしれません。

しかし、授業の進むスピード、レベルなどを考慮すると、中には勉強について行けない子供が出て来てしまうのです。それは、当然ですが、子供によって苦手な科目がある事も至って普通だからです。苦手を進学塾で克服しようと思っても、一人の子供の苦手科目の為に授業を止めて説明してくれる事はほとんどないのです。そのため、家庭教師を雇い、進学塾の授業についていけるように、苦手科目、そして授業で分からなかった問題について復習や対策を行うのです。

そういう意味で進学塾と家庭教師を並列に利用されている家庭は多くなっているのです。分からない問題をそのままにしていては、それは十分な受験対策とは言えません。抜かりのない対策が、狭き門である中学受験を突破するのに大切な事だと言えるでしょう。