マンツーマンで勉強しやすい

中学受験に合格するためには、小学校の勉強だけでは足りず、進学塾のように受験に特化するような場所で勉強しなければ、合格が難しくなってしまいます。ただ、子供の中にはそのような集団の中で勉強する事を苦手とする事も少なくありません。人と競う事が苦手だったり、コミュニケーションが取れない事で馴染めなかったりするなど、様々な理由があります。もちろん、中学受験を合格するためには進学塾で頑張る必要はありますが、落ちついて勉強出来る環境を用意してあげる事も大切です。そこで役に立ってくれるのが家庭教師です。

家庭教師は当然ですが塾と異なり、マンツーマンで行う授業が基本です。そのため、子供達が集まる集団の様な環境での勉強が得意でない場合、家庭教師を利用するのが効果的なのです。塾と両立して利用される事が多いですが、集団が苦手であれば、受験対策を徹底してくれる家庭教師もあるので、相性のいい方を選ぶと言う事も一つの方法では無いでしょうか。マンツーマンの場合、周囲のスピードやレベルに焦ってしまう事もなく、自信の苦手分野、得意分野を把握してもらって、効率的に勉強を教えてもらう事が出来ます。そういった意味では、塾より家庭教師の方が柔軟性に優れた勉強を行っていけるメリットがあります。